茶丸ブログ

まったり系初心者ブロガー

僕がブログに出会ってから、今現在までの歴史

どうも!

ブログを今年の7月くらいから始めたので、ちょうど2か月くらい経ちましたね。

2か月なんてあっという間でしたね~

自分的にはブログの楽しさがちょっとずつ分かってきましたw

今回は僕がどのようにしてブログの存在を知って、今現在まで至ったかについて書いていきます!

 

 

1年間、時間を全て無駄にしてしまった。

大学1年生の時は本当に時間の大切さを分かっていませんでしたね。

ほぼ寝てましたねw

授業が2限だけで終わったら昼飯を食ったあと、秒で寮に帰って部活の時間までベットインしてました。

夜寝れるのに昼寝をするのは、もったいないですよね。

夜は大体20時くらいから暇になるんですが、YouTube見て友達としゃべってそのあとすぐ寝るっていうのを毎日続けてましたね。

読書もしなければ、勉強すらもしてなかったです。

今では、もっと早く時間の貴重さについて分かっていたら…とか、あの時間をもっと有意義に使えてたら…とか、キリのないことを思っちゃいますねw

未来のことなんてまったく考えてなかったのが原因でしょうw

 

2年生になり、念願のパソコンを買う

1年生の時はまだ持っていませんでした。

ずっと欲しくて、2年生に上がり親がもっと勉強を頑張ってくれ(実際は何も頑張っていない)ということでお金を出してもらい、やっと買えました。

母上、父上ほんとに感謝ですw

でも、いざパソコンを手に入れたものの、やることがまったくありませんでした。

ありませんとかいうよりは、何ができるか分かっていなかったのです。

リアルYouTubeを見るくらいのアイテムとして使っていました。

そんなとき、あることを友達に言われます。

 

ブログアフィリの存在を知る

パソコンを買ったのに暇そうにしている僕を見かねた、一人の友達が話しかけてきました。

いっしょにブログを始めないかと。

自分は最初は訳が分からなかったのですが、話を聞いていると、ブログに対して好奇心が湧いていました。

そして、失敗しても何か自分のプラスになることがあると確信しました。

正直僕が、一番惹かれた理由は稼げることですw

このときにブログアフィリエイトについて色々教えてもらいました。

簡単なことではないけれど、努力を続けていけば確実に成果が出てくると聞き、やるしかないと思ったのです。

もちろんそれだけじゃありませんよw

大学生にうちにチャレンジできることはたくさんやってみようと心掛けていたので、その一つにブログがちょうど良かったのです。

また、1年生のときみたいな二の舞にはなりたくなくて、もっと時間を有意義に使うにはこれだ!って思いましたね。

教えてくれた友達もまだ始めたばかりだったので、お互いに切磋琢磨していこうと決意

しました。

 

1記事書いてみる

始めたときは、とりあえず自己紹介文みたいなのを簡単に書きました。

自分が書いたものをネットにあげるっていうのが、Twitterとはまた違ってなんだか新鮮な気分でしたね。

記念すべき1記事目を更新したあと、すぐ夏休み期間に入ることになります。

このときはまだ、夏休みはブログに力を入れようと意気込んでいました。

 

夏休み期間、全てを無駄にする。

夏休みに入り、まず地元大阪に帰ります。

最初の方は地元の友達とオールを繰り返して遊んでいましたが、やっと落ち着いてきたころに出会ってはいけないやつと出会います。

そいつの名は、ネットフリックス

出会って初期の頃はまだ映画を1,2本見るくらいの仲でした。

でもこいつはオススメに見たかった映画、ドラマをポンポン出してくるのです!

そうなると、こっちが優先になりブログは後回しになり続け、気づけば夏休みが終わっていましたw

ネタになるような出来事はけっこうあったのに、書くまでに至らなかったですw

時間を無駄にしたくないとか、ほざいてたのに蓋を開けてみるとこうですよ。

人間そう簡単には変われないってことです。

 

今現在

夏休みが終わって1週間くらいが経ちました。

流石に今はサボっていませんw

毎日更新まではいきませんが、2日に1記事くらいのペースで頑張っています。

記事の質はまだまだですが、書くのに慣れてきましたね。

タイピングスピードも始めたころに比べて、早くなってきたと思います。

今の目標は30記事書くことです。

道のりはまだまだ長いけど、諦める気は一切ありませんよ。

 

最後に

ここでマイリー・サイラスの「the climb」という曲から言葉を借ります。

 Aint about how fast I get there
「どれだけ早くたどり着けるか」とかじゃないし

Aint about what's waitin on the other side 
「どれだけ結果が出せたか」とかでもないわ

Its the climb Yeah
大切なのは登り続けることなの

 

Keep on movin
前に進み続けて

Keep climbin
そして登り続けて

Keep the faith, baby
自分を信じるのよ

Its all about, its all about the climb
それがすべて。それが登るということなの

 

引用元:

https://ameblo.jp/moai0920/entry-10825287606.html

 この曲は昔から大好きで、自分を元気づけたいときや、落ち込んだときなんかによく聞きます。

自分がやろうとしていることが、この歌詞に当てはまってる気がするんです。

ゴールは、早く目標の30記事書くことに到達することでもないし、僕の最終目標であるブログアフィリの成功でもないんです。

そこにゴールなんてものはないのです。

大切なのは、目標をクリアしていくまでの道のり、目標のその先なのでしょう。

現時点の自分は今の目標すらも成し遂げていないけど、到達までの今日一日を大事にしていきたいです。

当たり前ですが、今を頑張るからこそ次のステップ進めるのです。

頑張って結果がついてこなくても、何か自分の糧になることがあると思います。

なので、僕はこの歌詞のとおり自分を信じて諦めず、常に前だけを目指してブログを書き続けるつもりです!

あと、マイリーの「the climb」一回聞いてみてくださいw

歌詞が和訳されたものがYouTubeにあるので、それがオススメです。

一応、載せておきますねw

youtu.be

 それでは~♪

 

寮生活をしてみて・・・

どうも!

自分はいま地元の大阪を離れて東京の寮制の大学に通っています。

最初は慣れるか心配で家に早く帰りてぇとか思ってましたが、寮生活は楽しくて得られるものがたくさんありました。

今回は実家を離れ寮生活を始めて気づけたこと、そして自分の変化について書いていきたいと思います。

 

 

気づけたこと

1.当たり前のことが当たり前じゃない

実は僕は大学に入るまで洗濯を自分でやったことがなかったんですw

自分でやろうともしなかったし、ただの言い訳ですが親に任されることもなかったのでやったことがなかったんです。

そして大学に入っていざ洗濯をやるってなると、柔軟剤の入れるタイミングすら分からなかったですw

洗濯で一番大変なのは、干す作業ですね。

ハンガーと洗濯バサミに洗濯ものを一個一個つけていくのは面倒だし、しんどいですねw

この面倒な作業に加えて、家事全般を毎日文句も言わずにやっている母のありがたみに気づけました。 

 

2.時間の有限さ

家にいるときは、大体携帯をいじったあと、テレビを見るっていう習慣になってました。

でもうちの寮にはテレビがないので、その習慣はできません。

自分は携帯ばかりずっといじるのは無理な人間なんですw

目が疲れて痛くなってくるし、姿勢も悪くなるのでw

だから携帯でやることをやると、めちゃくちゃ暇になるんです。

そこで僕は気づいたんです、今まで自分は一体どれほどの時間を無駄にしてきたんだろうって。

一日なんてすぐ終わってしまうのに、自分が何をしてもいい大切な自由な時間を、未来にとって何のためにもならないことに浪費してたことに気づきました。

そこから僕は読書(主に参考書や自己啓発本)を始めたし、ブログを始めるきっかけにもなりました。

 

3.勉強の大切さ

今までは勉強しなくてもなんとかなるでしょっていう楽観的な考え方でしたが、学歴社会の日本ではそうはいかないみたいです。

同じ学校を卒業した先輩たちが口を揃えて言うことは友達をたくさん作ることと、勉強は必ずすることです。

この言葉は間違いないと思います。

友達はもちろん大切だし、勉強をしなきゃ社会(まだどんなものか分かりませんが)で生きていけないと思います。

夜の寮の中ではみんなわいわい騒いでるか、YouTubeを見てる、寝てるとかなんですがその中で勉強してる子を見ると自分もやらなきゃとモチベーションになります。

夜の空いた時間を勉強するか、遊ぶかじゃこれから先がまったく別物になると思います。

僕はあと二年後には社会に出るんですが、それから先ずっと人の下で働き続けるのは絶対嫌なので、そうならないためにはやっぱりそれなりの努力はしないといけませんね。

 

 

自分の変化

1.考え方が変わった

やっぱり寮制のいいところは、嫌でも友達がそばにいることです。

うちの大学は生徒が全国から集まってくるので、みんな方言も違うし風習もちょっと変わっていて、いつも笑えるし楽しいです。

いつも騒がしいので一人になりたい時も度々ありますがw

まさに十人十色なので、毎日その子たちと話すと楽しいし、プラスアルファでその子たちの考え方を聞いたり、自分が知らなかった知識を教えてもらったりするので、そのうちに自分の考え方が大きく変化してることに気づきました。

変化というのは具体的には考え方の選択肢が増えたこと、物事に対する見方が広くなったことです。

こうゆう場は日本全国的に見てもあまりない貴重な場だと思います。

それで何よりもここに来れていなかったら、こうゆう体験はできてなかったでしょう。

 

2.お金に貪欲になった

いい意味でか、悪い意味でかは分かりませんがこうなってしまいましたねw

うちの寮ではシャワー、洗濯にお金がかかります。

年で考えると、けっこうかさんできます。

そのほかにも部活にも入ってるので試合なんかがあると電車賃、日用品を買ったり、休日は遊ぶお金、外食代、飲み代。

ちょっと前にATMからおろしたのに気づけば財布の中はからっぽ。

貯金もだんだん減ってきました。

ジュースもどうしても飲みたいときにしか買わなくなりました。

嫌でも、お金に貪欲になりますよw

そんな時ブログで稼げることを知り、始めてみることになりました。

確実なものではありませんが、やってみる価値は十二分にあると思いました。

今ではお金がブログを続けるためのモチベーションですw

大学のうちに欲しいものや、やってみたいことがたくさんありますが、それらにはお金が伴ってきます。

それらを必ず手に入れるために諦めず、ブログに専念していきたいです。

 

 

最後に

入学して自分が住むことになる寮を初めて見たときは本当に絶句しましたねw

汚くて、虫がそこらじゅうにいるのを見て今すぐ帰りたいって思ったのをまだ覚えています。

でも住んでみると意外とすぐに慣れましたねw

住めば都ってやつですw

自分のプラスになることがたくさんあるので、ここに来れて良かったとしみじみ思います。

同じ寮で生活していく友達との友情はほかでは得られない特別なものです。

日本の全大学を寮制にしたらいいのにw

それでは~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死体を〇んだことがありますか?

 

どうも!

今回のタイトルはちょっと気になったんじゃないでしょうか。

この話は最近こんなことがあったなーってふと思い出した話です。

ショッキングな内容じゃないので安心してくださいw

そんな長い話じゃないので、見てくれると幸いです。

 

 

あの時は、中学3年生くらいだったと思います。

その日は11月くらいで冬に入って冷えてこんでいました。

僕は学校が終わったあと、塾に行ってました。

その頃、数学の塾に週1くらいのペースで通ってて、塾がある日は帰る時間が22時くらいになります。

塾が終わるといつも通り、考え事でもしながらゆっくり帰りました。

塾から家までの帰り道の距離はそれほどなくて自転車で10分くらいの距離だったと思います。

その時の帰り道は、僕は信号待ちが嫌いなので大通りは使わず住宅街の入り組んだ道を使っていました。

そこは大通りを使うよりかは早く着きますが、電灯が少なく薄暗い感じでした。

さっきも言いましたが、僕はいつも通りチャリを漕いでいると道の先に黒いゴミ袋みたいなのが見えました。

ちゃんと見えてないのですが、それに近づくにつれ僕は何気なくそれを踏んでやろうと思いました。

僕はそれをちゃんと目視しないまま、それを踏みました。

バキッ

実際にそんな音は鳴っていないんですが、その感覚はそれを踏んだタイヤからハンドルに伝って感じました。

違和感のあまりゾッとしてして、思わず自転車を止めました。

そして振り返り、そこでやっとそれを目視しました。

それは「カラスの死体」でした。

「カラスの死体」なんて見たことなかったし、踏んだことが恐ろしくて僕はビビッて急いで家に帰りました。

帰ってきて早々、僕はGoogle先生を開けました。

その時の僕は「夜に黒猫が横切ると不幸になる」とかいう迷信などを信じていたので「カラスの死体」もそうゆう部類じゃないかと不安になって検索しました。

もし、「カラスの死体」が不幸をもたらすとなるとそれを踏んだ自分は大変なことになるんじゃないかと、心臓バクバクでした。

しかし、検索したところ不幸になるとかいうことは一切なくてとても珍しいことだと知りました。

その瞬間はとても安心しましたw

むしろ珍しいでラッキーじゃないのかと思いましたねw

それでも踏んだことは変わりないので、あの気持ち悪い感覚はまだ覚えてますねー

 

 

こんな経験をしたことをある人はあまりいないんじゃないでしょうか。

 今では笑い話ですが、あの時のビビりの僕には大事件でしたw

もし、こんな経験をした人がいればコメントお待ちしていますw

 それでは~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週刊少年ジャンプ展VOL3に行ったけどヤバかった・・・

どうも、茶丸です!

先日のことなんですが、創刊50周年記念の週刊少年ジャンプ展VOL3に行ってきました。

ジャンプは小学3年生の時からの長い付き合いで、毎週愛読させてもらっています。

なのでとても楽しみにしていて、行く前日はドキドキが止まらなったですw

今回はジャンプ展がどんな感じだったか、見どころ、感想について書いていきます!

f:id:cha_maru:20180903173843j:plain

 

基本情報

会場    森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)

会館時間  10:00~20:00

会期    2018年7月17日~2018年9月30日(会期中は無休)

チケット代 一般/学生  2000円

      高校/中学生 1500円

      4歳~小学生 800円

写真撮影可能、不可能場所あり

 

見どころ

チケットを切って中に入って、まずこれに感動することでしょう。

2000年から現在まで連載していた、してる漫画の第一巻が綺麗に全部並べられているのです!

f:id:cha_maru:20180903161202j:plain

これだけで一つの芸術作品のようでした!(何様やねんw)

大体知っている作品ばかりで、けっこう前に連載していた漫画を見ると懐かしさを感じてとても楽しかったです。

ジャンプ好きなら必ずここで10分は立ち止まるはず!

 

その次に見ることになるのはワンピースゾーンですね。

f:id:cha_maru:20180903162730j:plain

 ミラー張り部屋の中央には写真のように、いろいろな場面の原画が舞っている演出がされていて周りでは今まであった名場面が見れます。

 

次に進むと同じミラー張りの部屋に麦わら海賊一味、一人一人の懸賞金と名場面を見れちゃいます。

f:id:cha_maru:20180903164010j:plain

とりあえずヤバかったですw(小並感)

個人的にサンジが優勝でしたね~

写真は撮ってあるんですが、実際行って見てもらいたいのであえて載せませんねw

 

これを抜けると尾田栄一郎先生の生原画を拝見できます!(ここからは撮影✖)

ジャンプ展のために書いてくれたイラストもありました!

ギア4ルフィVSカタクリの原画は圧巻です。

ここで、原画の素晴らしさに気付かされました。

うまく説明できないんですけど、本で見たものとはまた全然違って、ちゃんと見れていなかった細部まで見れるのに感動して、ずっと見入ってしまいそうなそんな感覚になりました。(何言ってんだコイツw)

 

ワンピースからは続いて、2000年代の有名作品たちの生原画が並んでいました。

こち亀、ナルト、暗殺教室テニプリハンターハンターアイシールド21デスノート銀魂、トリコ、ブリーチ、ハイキュー、ヒロアカetc...

全部書くとキリがないのでここまでにしておきますw

個人的に一番良かったのはハンターハンターでしたね。

自分が行ったときはハンターハンターの原画のところが一番混んでいましたね。

やっぱりどれだけ連載休止しても人気は落ちませんね。

さすがです、富樫先生!w

自分は ハンター試験編の第3試験でキルアに解体屋ジョネスが心臓を抜き取られるあの有名シーンの原画を見れて幸せでしたw

キルアのあの輝きのない瞳がいい!(変態)

 

最後の方になると現在連載中のブラッククーローバーぼくたちは勉強ができない約束のネバーランド鬼滅の刃火ノ丸相撲、呪術廻戦、アクタージュ、食戟のソーマDr.STONE、ノアズノーツ(連載終了)、ワールドトリガー(連載休止)のイラストと原画を撮影可能で見れます。

ここまで撮りたくても撮れなかった気持ちを抑えてきたので、撮影可能と聞いた瞬間カメラが止まりませんでしたw

ここでのお気に入りの一つの一枚をのせておきますね。

f:id:cha_maru:20180903224103j:plain

えりな様のおはだけは最高でした。(やはり変態)

 

全部見終わって、出るとすぐにお土産コーナーがあります。

限定商品のTシャツ、タオル、カバン、マグカップ、お菓子などがたくさん置かれていました。

行って帰るときには絶対立ち寄ることになるので、家族や友達のプレゼントをここで買ってみたらどうでしょうか?

 

まとめ

一言で表すならただただ感動です。

自分は入った早々から鳥肌が立ちっぱなしでした。

自分が好きだった作品をこのような形でまた見れるのはとても嬉しかったです。

少年ジャンプ作品が好きな人は必ず退屈な思いはしないと思います。

そうでもない人は素敵な作品たちに出会えるきっかけになると思います。

普通に回れば1時間弱くらいなんですが、僕は楽しすぎて気づけば2時間半たっていましたw

意外とカップルと家族連れがびっくりしましたね。

デートスポットとしては全然ありかも知れませんねw

9月いっぱいまでやっているので時間があれば、是非行ってみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

運動場でバレーボール⁉

お久しぶりです!

だいぶ更新をサボってしまいましたw

ウォーキングデットとプリズンブレイクのおかげで時を忘れていましたw

全てはネットフリックスに加入してしまったことが全ての始まりです。。

 

急なんですが自己紹介として自分は大学でバレーボール部に所属していて、バレー歴は中学校から始めたので今年で8年目です。

けっこう長くやっているでしょw

中学生の頃からバレーボールやってるから今の自分があるといっても過言ではないと思います。

バレーボールというスポーツを知れて、好きになった大切なきっかけですね。

あの頃はいっぱいバカやって、勉強もろくにしてなかったけど部活動だけはサボらず、まじめにやってましたね。

監督がこわかったのもありますがw

やっぱり中学の頃の思い出は何かってなると最初に浮かぶのは運動場で青空の下でバレーボールをしていたことですかね~

実はタイトルにもある通り、中学の頃は体育館ではなく運動場でバレーをやっていました!w

通っていた中学校に体育館はなく、日々の練習場所はサッカー部やラグビー部と同じのグラウンドです。

今回はどんな状況下でバレーをしていたかについて書いていこうと思います。

 

 1.砂場でバレーは冷静にヤヴァイ

f:id:cha_maru:20180831214756j:plain

バレーをするにあたってボールを落とさないためにレシーブを学んだあとその応用編としてスライディングという動作を教えてもらいます。

このスライディングはサッカーのとは違って、足からじゃなく胸から滑ります。

これは片手でしか取れないようなギリギリ落ちそうなボールを取るための受け身です。

バレー経験者なら分かると思いますが、超大事な動作です。

まあこのスライディングが始めたての中学生にできるはずがないので練習しますよね。

砂場で・・・

結果は分かると思いますが、練習着はドロドロ、胸はズタボロになります。

血が出てもお構いなしですw

あと、スパイクを打つときのジャンプは踏み込みが肝心なんですけど砂場じゃうまく踏み込めません。もはや滑ります。

踏み込みができて高く上に飛べます。

でも砂場と砂場での練習で使ってきたポイントの擦り減った靴じゃできませんねw

あの時は体育館でスパイクジャンプをすると砂場とは感覚が違いすぎて感動しましたねw

 

 2.日差しがヤヴァイ

f:id:cha_maru:20180831220432j:plain

バレーではレシーブするときに次にボールを触る人が取りやすいようになるべく高くボールを上げてあげます。(場合のもよりますが)

その高く上がったボールを落下地点に入って取るとき(特にセッターは)上を向くことになります。

その時、光がボールが被って見えにくくなってボール取りづらくなる現象があります。

体育館では天井についてあるライトと被って見えにくい時ってあるんですけど、外はそれとはレベルが違います。

太陽と被ると、リアルにボールが一瞬消えますw

練習の時は大体日がのぼっているので常に眩しくて、目を細めて練習してましたね。

日が一番出る昼間の練習は辛かったですw

 

3.風がヤヴァイ

f:id:cha_maru:20180831215823j:plain

さっきも言いましたがボールを取りやすくするために、高くボールを上げるんですが強い風が吹くとめちゃくちゃ揺れます。

取りにくいこと限りなしです。

バレーボールは軽いから風の影響を受けやすいんです。

風があるとサーブも普通に打っただけで、無回転サーブのようにブレまくります。

これも取りにくいこと限りなしです。

 

4.雨が降るとヤヴァイ

f:id:cha_maru:20180831220249j:plain

雨が降ると運動場なんで当然水たまりができます。

それはコートにはもちろんできるんですが、ネットを立てための支柱(ポール)をさし込む穴にも水が溜まります。

溜まった水を抜くためにスポンジを持って手を穴にぶち込みます。穴はけっこう深ったので肩くらいまで入りましたね。

雨が降った日は、今日は誰が穴に手をぶち込むのかちょっとした言い合いをやっていましたね。(笑)

これが冬場になるともっと地獄と化します。

練習が始まる前なので当然、体は冷え切っています。なのに着ているジャージの袖をまくって冷え切った泥水に手を入れます。寒すぎて死にそうになりましたねw

あと、冬場って中も外もいっしょですが、レシーブするとボールがあたった場所がめちゃくちゃ痛いんですw

痛さもヒリヒリする嫌な痛みなんですよ。

スパイクレシーブとかになると声が出そうになるくらいの痛みになりますw

冬場にこの練習のときはちょっとサボりがちでしたねw

 

最後に

上に書いてあることは大まかに書きましたが、まだまだ辛かったことはたくさんありました。

部室はどーなってたとか部内であった問題、鬼畜練習メニューやらetc...

とりあえず今回はこんな感じでまとめました。(笑)

機会があれば第二弾という形で、このネタについてまた書いてみたいと思います。

多分いないと思いますが(絶対いない)、もし今同じ境遇の人がいるんであれば頑張って練習に励んでください。

僕は中学三年間、運動場でバレーをしていろいろ不便なことはありましたが、いい経験だったと思います。

確実に得られるものは、たくさんありました。

あのときは辛かったけど、今になると笑い話になるし、あれがあったこそ今の自分が形成されてるんだなーと実感します。

どんなことでも一つ続けていくことは、とても大切だと思います。

それでは~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日からブログはじめます!

どうもはじめまして!茶丸(ちゃまる)と申します!

 

現在東京住みの大学生2年生です。

 

今日からブログを始めてそこからアフィリエイトに繋げていきたいんですけど、

自分はアフィリエイトの知識もなければ、ネットの知識もないです。(涙)

まあそこは友達におしえてもらったり、他の人のブログ見て勉強していこうと思います。

何も分からない不安もありますが、自分の知らないことにチャレンジするという好奇心の方が大きいです!

 

記事については、自分の趣味やその日その日の出来事に対してゆるーーく書いていきたいと思います。(笑)

アホ丸出しの文面ばかりですが、そこは温かく見守ってください。(笑)

 

目標としては、アフィリエイトで今しているバイトを辞められるくらい小遣いを稼ぐことです!

 

ブログの更新は定期的にまったりしていこうと思います。

始めたてですが、いろんな人に自分のブログを見ていただければ光栄です。

これからよろしくお願いします!